コメントに返信

検索結果からのリンク作成の不具合修正しました。

fun9.netのメイン機能ともいえるリンク作成機能に不具合が発生しておりましたが、本日修正を行いました。

テスト時間が足りないため、別の不具合が発生する可能性もありますが、表示されない、という致命的な問題は回避できているかと思います。問題があれば、コメントいただければできるだけ対応したいと思っています。

なお、当サイトが利用しているAmazonのウェブサービス(Product Advertising API、以下PAAPI)の制限から、データが取得できなくなる場合があります。

PAAPIでは、1時間につき2,000リクエストまでの利用制限というのがあります。詳細を引用しましょう。

Product Advertising API利用ガイドラインは、APIの公正かつ効率的な使用を促進するために設定されます。Product Advertising APIへのアクセスのために使用される各アカウントは、1時間につき2,000リクエストまでの当初利用限度が認められます。その後は、各アカウントは、30日間に発生する出荷された商品の1時間あたりの収益100円ごとに、1時間につき500リクエスト(1時間につき最大25,000リクエストまで)が受けられます。

この1時間につき2,000リクエストなんですが、検索エンジンのクローラーとかbotとかが襲来するとあっという間に超えてしまいます。Googleですと、申請することでクロールの速度を遅くすることができるのですが、海外のクローラーはそうもいきません。設定で弾くようにしても次々と見知らぬクローラーが来てしまうのです。

収益を上げればこの制限も緩和できるわけですが、それは無理な相談なのでした。

残念なことに、当サイトは、月間の売上が1,500円に満たずギフト券受け取りが次の月に繰り越されるような状態があったりする弱小サイトです。ときどき、「月刊しかしながら」と揶揄されるメールを受け取るようなサイトなのです。

というわけで、まれにリンク作成機能が利用できない場合があるのですが、その際は制限が解除されるまでしばしお待ちいただくくらいしかありません。

また、当記事のコメントで問題発生をご報告いただければ、なんらかの対処ができる場合もあるかと思います(クローラーを弾くとか。まあ、何よりも利用限度が緩和されるような状態になるといいんですけども)。こちらも随時チェックはしておりますが、張り付いているわけにもいかないもので……。お気づきの時点でけっこうですので。

リンク作成機能をご利用いただいている皆様のご協力をお願いします。

返信

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するさらに詳しい情報...