補足説明

 基本的な設定は以下のとおり。
 ・ジャンル/カテゴリを下のリストから選択して「OK」ボタンを押してください。
 ・表示されたサンプル(右側に表示)を確認。
 ・それでよければテキストエリア内のHTMLコードをコピーして、あなたのブログサービスに貼り付けてください。

 それだけ。
 
 ただし、。それでは、おもしろくないでしょう。
 ・必要なら「OK」の前にキーワードを入力してください。
  …キーワードでフィルタリングされた商品だけが表示されます。
 ・必要なら「OK」の前にあなたのアソシエイトIDを入力してください。
  …アソシエイト(アフィリエイト)によりあなたに収入があるかもしれません。
 ・必要なら「OK」の前にデザインに関する設定を行ってください。
  …商品の並べ方や商品名の有無、商品数などが選べます。

 記事投稿の欄ではなくて、サイドバー(例:ヤプログ)とかプラグイン(例:ライブドア)とかリスト(例:ココログ)に貼り付けるのがポイントです。これはいわゆるサイドバー用ツールとかBlogパーツ(ブログパーツ)と呼ばれるものなんです。

ページ数の指定が可能

 最大ページ、というのはAmazonから情報を取得する際に1ページ10件という単位で引っ張ってくることになります。1ページ目が1位から10位まで、といった具合。このスクリプトでは最大ページを指定して、その中からランダムにページを選択、さらにその10件から指定した商品数だけ表示する、というロジックになっています。

 最大ページ数が大きくなれば、売れてない商品も表示されるわけですが、それがっけっこうおもしろいです。「こんな商品もあったのか!」という新たな発見があったりとか。

 また、かなりシンプルなデザインになっておりますが。スタイルシートをいじることでカスタマイズできるようにしてあります。

 Javascriptで生成されるテキストの全体は「fun9rankdiv」というクラスを指定したdivタグで囲まれています。商品画像と商品名は「fun9list」というクラスを指定したdivタグで囲まれています。あとは各自調べてみてください。ただ、スタイルシートをいじれないBlogサービスではつらいかもしれませんね。

CSSによる見た目のカスタマイズ

 そこで簡単なカスタマイズ方法など。

 設定画面で作成されるコードをdivタグで囲み、そのタグに設定を書き込む、という感じです。

<div style="font-size:10px;color:#ff0000;">
作成されたコード(HTMLタグ)
</div>

 っていう感じで上と下をタグで挟みこんでやれば、文字の大きさや色は指定できます。たぶん。あと、「<」と「>」は半角にしてください(都合により全角で書いてます)。
 違ってたらご指摘お願いします。動作に関する問題などありましたらコメントでお願いします。

 なお、このサービスで借りているレンタルサーバーの規定よりも、サーバーの負荷が上がったり、転送量がオーバーしたりなどした場合は、やむなく一時停止する可能性があります。ご了承ください。